慢性化した便秘

女性

慢性化した便秘 解説と対策

以前は軽い便秘だったのに何だか最近、便秘気味な状態が続いているという人も多いのではないでしょうか。

便秘が日常化してしまうとお腹が張ってつらい状態になります。

また、このお腹の張りは放置していても良くありません。

苦しいだけでなく最近、注目されている逆流性食道炎にも関係しているとも考えられます。

便秘気味な状態が続いているならある程度の原因を把握して対策するようにしましょう。

便秘薬、よく使っていませんか?

最初は軽い便秘だったけどあまりにも出ない日が続いたので薬を使って解消したという経験は誰にでもあると思います。

便秘薬を使用すると腸への刺激をわざと起こして排便させるという流れになります。

ですがこの時に腸内の善玉菌も一緒に排出させてしまうのです。

排便できるとすっきりするのでついつい何回も使用してしまうのですが、これが悪循環になります。

使用する度に腸内細菌のバランスもおかしくなり便秘薬を飲まないと排便できないという結果になってしまうからです。

腸の活動もどんどん鈍りやがて重症化してしまいます。

出来れば便秘薬に頼らない排便を心がけるようにしましょう。

規則正しい生活が出来ていない

不規則な生活と便秘は意外に関係があります。

食事を食べたり食べなかったり寝るべき時間帯に夜更かししていたりという生活を繰り返していると自律神経が乱れるようになります。

自律神経の乱れにより腸の働きも低下していくので便秘になりやすいのです。

夜は早めに寝て睡眠時間をしっかりと取る、そして食事も3食規則正しく食べる事を習慣化させることによって自律神経のバランスも取れてきますので改善につながります。

また、食事も野菜、果物などを多めに食べるように心がけて栄養バランスの良い食生活を心がけて下さい。

運動不足が便秘を助長させている?

便秘は特に女性に多いといわれています。

お腹の腹筋の力が衰えていると腸内のぜん動運動を充分に起こせない状態になるので、適度な運動をするように心がけると良いのです。

最初は寝る前の軽いストレッチや体操から徐々に始めてみると良いでしょう。

特に激しい動きのスポーツをする必要はありません。

毎日続けやすい簡単なものを取り入れましょう。

腸内環境を改善させるようにしましょう

便秘が日常化している人の場合、改善するための一つとして乳酸菌などを定期的に摂取するようにして下さい。

乳酸菌を摂ることで腸内細菌のバランスも段々と良くなっていきます。

腸内の悪玉菌が優勢な状況にならないようにサプリメントなどを利用して毎日乳酸菌を摂取するようにしてみましょう。

続ける事で段々と腸内環境も良くなっていき、便秘解消の手助けとなります。

unchitaimeバナー

このページの先頭へ