乳糖不耐症

牛乳

牛乳を飲むとお腹の調子が悪くなる

牛乳はミネラルやカルシウムを含む理想的な食品で、特にカルシウムやビタミンDがたっぷりと含まれるので育ち盛りのお子様には欠かせない食品と言えるでしょう。

また、子どもだけにではなく、大人にとっても健康によく、カルシウムは骨粗しょう症やイライラを防ぎ自律神経のバランスも整えます。

ですが、牛乳を飲むとお腹がごろごろするという方がいらっしゃって、お腹が冷えるからではなく、牛乳や牛乳を含む食品を食べるとお腹の調子が悪くなってしまいます。

その他の症状として、お腹が張る、痛む、気分が悪くなる、下痢になるなどの症状があります。

これらの症状を乳糖不耐症と言い、牛乳にアレルギーとは別に牛乳を飲むと調子が悪くなる症状です。

乳糖不耐症が発生する原因は、小腸内にラクターゼと呼ばれる乳糖分解酵素と呼ばれる酵素が十分ではないため、牛乳や乳製品を分解消化ができないために起こる現象です。

乳糖とは

乳糖とは腸で分解されるとブドウ糖とガラクトース という2つの分子に分解され、ガラクトースが中枢神経系の完成に必要な成分になります。

母乳や 粉ミルクなどには、乳糖が含まれ、乳児期までは、小腸の粘膜でラクターゼと呼ばれる乳糖を分解する酵素が作られるため、母乳を飲んでもこのような症状を引き起こしません。

一般的には、大人になってもこのラクターゼは生成されますが、乳糖不耐症の素因のある人は離乳とともに、乳糖を分解する酵素が少なくななる場合があります。

牛乳を飲むとごろごろするのは特別なことではない

乳糖不耐症の素因のある方は、代々乳製品を摂り続けている北欧や西ヨーロッパの人では1割強ですが、 アジア人や黒人、アメリカ先住民、そしてヨーロッパでも地中海地方の人々ではなんと7〜9割が該当すると言われ世界全体では乳糖不耐症の素因のある方は約8割に及びます。

ですから、乳糖不耐症は病気ではなくて成長に伴う自然現象であり、全く素因がない方が珍しいともいえ逆に素因がない方を「ラクターゼ活性持続症」と呼ぶ場合もあります。

素因のある方が全員目立つ症状があるというわけでは無く、素因のある方でも、幼稚園や学校で牛乳を飲んでいるうちには出ず、思春期以降にたまにしか乳製品を 摂らなくなったときに気づくことが多いようです。

その中でも軽い人から重症までさまざまで、牛乳が原因だとはっきりわかる方は約2割です。

幼少期は注意が必要(乳アレルギーの可能性を考慮)

早い方では離乳を始めた頃でも出ますので要注意です。

どうしても牛乳が飲めない子供に 無理強いさせるのは危険です。

なぜなら、乳アレルギーの可能性も有り、乳アレルギーは最悪な場合は症状が重篤化する可能性があります。

粉ミルクや牛乳を摂るようになって間もなく出る子供は、牛乳アレルギーも疑っておく必要があります。

牛乳アレルギーは、牛乳に含まれるたんぱく質に対して起こるアレルギー症状で、乳不耐症とは関係ありません。

それでも摂りたい乳製品

牛乳や乳製品をやめれば乳糖不耐症の症状は消えます。

そういう意味では、成人の乳糖不耐症は大して 危険ではありません。

しかし牛乳はカルシウム、ビタミンDやB2、たんぱく質を効率よく補給できる 食品です。特に肉や魚をたくさん食べられない幼児期や妊娠中、年配の方(骨粗しょう症を防ぐためにも) ではこれらの栄養素の重要補給源ですので問題です。

これらの栄養素を比較的よく含む上、見た目も味もいくらか似ているため、豆乳が代用品として用いられる ことが多いようです。ただしアミノ酸バランスが牛乳より劣り、単独ではメチオニンやシスティン が不足しますので注意しましょう。

それに豆乳には乳児に必要なガラクトースが含まれないので、 離乳が終わる前に出た場合は牛乳アレルギーも視野に含めて小児科に相談し、専用の粉ミルクを 使いましょう(牛乳アレルギー用の粉ミルクと乳糖不耐症用の粉ミルクは違います)。

なお、以下の乳製品なら大丈夫という方もかなりいます。

まとめ

乳糖不耐症のある方は、医療機関にかかるときや薬局ではそれを 医師や薬剤師に伝えておきましょう。

のみやすいように錠剤にコーティングしてある糖衣に 乳糖が含まれていたり、味や量を調節するために 乳糖を混ぜることがよくあります。

乳糖を含む薬は2,000種以上もありその上、何種類も薬が必要な方では薬剤師が混ぜて 調合することもあります。

unchitaimeバナー

このページの先頭へ